投稿日:2020年3月18日

水廻りリフォームは何年でしたらいい?場所別に解説

こんにちは!大阪府大阪市を拠点にしている有限会社Jobです。
弊社では水廻りリフォーム・内装リフォームといった、さまざまな業務を請け負っています。
突然ですが、水廻りリフォームは何年くらいでしたらいいのかを知っていますか?
一言に水廻りといっても、キッチン・トイレ・お風呂と場所はさまざまです。
そのため場所ごとに、水廻りリフォームをした方がいい年数の目安は違ってきます。
この記事では場所ごとに水廻りリフォームをした方がいい年数を紹介し、役立つ情報を提供しています。
「あ!うちはそろそろ水廻りリフォームをした方がいい時期だ」
「へえ……あと1年くらいは大丈夫なんだ」
皆様にとってお役に立つ内容になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

トイレ 10年~15年

トイレはほとんどの方が毎日使っているため、不具合が出やすいのが特徴です。
便座は頑丈にできているため、よほど無理をしなければ長く持ちます。
しかしタンク内の部品やパッキンは摩耗しやすいため、早めの検討をおすすめします。

キッチン周り 15年~20年

キッチンは料理をする頻度によって、寿命が違ってくるのが特徴です。
一般的な使用なら15年~20年が目安ですが、料理好きの方は数年をプラスしてみてください。
キッチンは広い範囲で故障をするリスクがあるので、全体を見渡すのを意識することが重要です。

洗面所 15年~20年

洗面所はトイレと同様に、毎日使用する方が多い水廻りです。
そのため年数を重ねると、どうしても不具合が出てきてしまいます。
シャワーホースがある洗面所だと、ホースが摩耗して水漏れするリスクがあるので注意するようにしましょう。

お風呂 15年~20年

お風呂は人によって利用する頻度や利用の仕方が違うため、状況によってリフォームする時期を考える必要があります。
たとえばシャワーで済ませる習慣の人の場合、浴槽は傷みにくいです。
ほかの部分が大丈夫でもタイルのひび割れが見られたら、そろそろ水廻りリフォームを検討してみてください。

水廻りリフォームなら有限会社Jobにお任せください!

水廻りリフォームをした方がいい時期は、住んでいる人の使い方によって異なります。
そのため住んでいる人が、水廻りの摩耗を察するのは難しい場合も……。
弊社では無料で相談・見積もりを行っています。
「お風呂場のタイルが割れてきたけど、リフォームをした方がいいの?」
「きれいなキッチンだけど、本当は状態が悪くなっているかも」
お客様の悩みをスタッフがお聞きし、分かりやすく回答しています。
また弊社では随時求人募集を行い、優秀なスタッフをそろえています。
よってお客様にとって、満足する施工を行うことが可能です。
水廻りリフォームについて気になったら、ぜひ有限会社Jobにお問い合わせください。

リフォームの現場スタッフ募集中

弊社では、水廻りリフォーム・内装リフォームなどの仕事をしていただける人材を募集しています。
お客様の夢を叶えるやりがいのある仕事です。
経験者・未経験者ともに歓迎していますので、お気軽に求人情報ページからご応募ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

有限会社Job
〒552-0003  大阪府大阪市港区磯路2丁目3番17号
TEL:06-6576-2030 FAX:06-6576-2037